脳卒中の後遺症で「歩けない」が、歩けるようになりたいとお悩みの方

病気や事故により、病院でリハビリを受けた経験のある方は「もっと時間があればもっともっと良くなったのに」と言われます。「杖を使わずに歩きたい」、「装具を使わずに自分の足で歩きたい」、「もっと上手く自分で歩きたい」など前向きな方も多いと思います。こちらでは専門的知見をもった担当者(有資格者)がご利用者様の希望を聞きながら身体の状態に合わせたプログラムで施術をすることで期待に応えられるよう努めています。



主な疾患と症状

脳梗塞リハビリプレイス岐阜にて、施術の対象となる主な疾患は脳卒中(脳梗塞、脳出血等)などにより麻痺(まひ)でお悩みの方です。その他、骨折後に歩く姿勢が悪くなった方、筋力が落ちて歩けなくなった方、などなど「もっと上手く歩きたい」と思われる方々です。発症した時期・年齢などにより個人差はありますが、気になることはいつでもお聞きください。

施術のポイント

思っているような歩き方ができないことには必ず原因があります。施術をする上で大切なことはその原因を把握することです。無作為にあれこれと施術をしても絶対に良くはなりません。しっかりと原因を特定し、状態に合わせた内容にすることが最も効果を得られるポイントになります。

リハビリをご検討のご家族の方へ

「リハビリって本当に変化があるの?」と思われる方も多いかもしれません。もちろん個人個人にとって結果は様々です。適切な施術を受けることで今までとは違う結果が得られると思います。ご利用者さまにとって、ご家族さまの応援は大きな力になります。ぜひ、ご一緒に脳梗塞リハビリプレイス岐阜にお越しください。