小脳疾患の症状

小脳は大脳の次に大きな部位です。頭の後ろ側に位置し、主な役割は運動機能の調整です。また、運動を認知する知覚の役割ももっています。小脳に何らかの障害があると、失調といわれる障害が出ます。例えば、真っすぐに歩けない、手が震える、字が自然と大きくなる、話しにくい、痺れ、など多岐にわたる症状がおこります。小脳の病気は、脊髄小脳変性症や血管の障害、アルコール性小脳萎縮症、自己免疫性疾患、などがあります。

脳梗塞リハビリプレイス岐阜で行う小脳疾患へのリハビリ



  • 1,筋肉の固さをほぐす”徒手療法”

  • 2,神経・筋肉を活性化させる”リハビリ”

  • 3,効果を長く保つ自主リハビリ指導


と3本の柱でリハビリを行います。

脳梗塞リハビリプレイス岐阜だけの特別なリハビリをご提供します。
悩まれている方が多い小脳疾患の方に対してリハビリが有効だと私たちは考えています。