パーキンソン病のリハビリ事例「意欲的に取り組み自信を持って歩けるように!」

愛知県安城市 脳梗塞リハビリプレイスのご利用者様よりご感想をいただいています!
これからのリハビリに対して焦りや不安を感じている方の参考となれば幸いです。
ご相談は愛知県安城市 脳梗塞リハビリプレイスへ。



Bさん(60代 女性) 疾患:パーキンソン病



  • リハビリ期間:週2日/2ヶ月

  • 目標:トイレまで転ばないで歩く

  • 課題:猫背姿勢の改善、筋力強化、寝ている時間が長い

  • 改善効果:1か月目にはこわばりが減り身体を動かすのが楽になった。時間帯の変動はあるが、リハビリ後はかなり身体が軽く感じる。リハビリ以前は床につまずいてよく転んだが、リハビリし始めてから転ぶ回数が減った。

  • 担当者より:パーキンソン病など難病の疾患をお持ちの方は「治らないから」という理由でリハビリをあきらめてしまう方がいらっしゃいます。Bさんは良くなりたい、良くなった身体を維持して生活していきたいと強い希望をお持ちでした。意欲的に取り組んでいただいたこともあり。姿勢が改善されて足がひっかかることが減りました。足に体を支える力もつき、自信をもって歩けるようになっています。今後は屋外での歩行も視野にリハビリをご提供します。

体力・筋力の改善